top of page
検索
  • masakookano

NPO法人Gawain、独自メソッドによりインド首都デリーのスラム街における性犯罪率を約87%低下へ。

更新日:2023年11月18日

2023/1/6 東京


スラム街に蔓延る女性へのレイプを撲滅するメソッド開発を行うNPO法人Gawain(所在地:東京都渋谷区 / 代表:櫻井 昌佳 / 以下、Gawain)は独自開発したレイプ予防メソッドのインパクト評価のため、2022年5月から6ヶ月にわたり筑波大学と共同でランダム化比較試験を実施しました。今回はその速報値をお知らせいたします。



プロジェクト実施の背景


約4年間にわたり、スラム街におけるレイプ予防メソッド:CSD メソッド(Community Self-Defense メソッド)を独自開発してきたGawainは、効果検証のために筑波大学と共にランダム化比較試験を実施しました。期間は2022年5月より同年11月までの6ヶ月間で、デリーにある3つのスラムRavidas camp、Hanuman camp、Parvatiya campに住む502世帯/2,000名以上の女性と子供を対象としております。



速報値


CSDメソッド実施前後の6ヶ月間で性犯罪率を比較したところ、10件あったレイプ未遂が0件に、レイプを除く性暴力は11件から0件に改善しました。また、他の性犯罪ではストーカー(90%減)、卑猥な言葉をかける(90%減)、衣類や下着の盗難(58%減)、盗撮(92%減)、露出行為(92%減)、許可なき身体接触(88%減)、平均すると対象スラム街における性犯罪率を約87%引き下げたという結果となりました。

※これらは速報値でランダム化比較試験の結果ではありません。試験結果につきましては改めて報告致します。



今回の改善点を反映し、2023年1月からはデリー内の他スラム街にて、より大きな規模のプロジェクトを始動する予定です。



CSDメソッドとは


CSDメソッドは、”スラム街の環境特性”と”音”との親和性に着目し、防犯ブザーをトリガーに自己防衛(今回の改善点を反映し、2023年1月からはデリー内の他スラム街にて、より大きな規模のプロジェクトを始動する予定です。ディフェンス)を組織化したGawain独自のメソッドです。言葉が話せなくても、お金がなくても、誰でも、どこでも、いつでも導入できるように、極限までシンプルな運用にデザインしております。以下4STEPで実施しております。

  1. 配布:スラム街の各家庭の母親に防犯ブザーを配布します。防犯ブザーの使い方やアラームの音、そしてそれが表す”緊急/ヘルプ”という意味を共有すると共に、聞こえた全員がその場に駆けつけることを共有します。

  2. アラーム:レイプ犯罪が最も多いのは屋内です。アラームは家の中に配置し、危険を感じた時点で防犯アラームを手に持ち、有事の際にはピンを引いてブザーを鳴らし、周囲の住民に呼びかけます。万が一、夜に一人で外出しないといけないなど不安がある際は、各家庭の母親判断で持ち出し可能とします。

  3. 団結:防犯ブザーのアラーム音が聞こえた全員がその場に駆けつけます。アラーム音だけで中断できることが望ましいですが、全員が駆けつけることで確実に犯罪行為を中断もしくは予防します。全員が協力すればするほど、同コミュニティでの犯罪ハードルは上がり、犯罪件数は下がります。

  4. 改善:防犯ブザーを鳴らした人は、自身の経験をコミュニティにシェアします。どのような状況で事が起こったのか、どこに防犯ブザーを配置すべきか、どのタイミングで鳴らすべきかを全員で議論します。また、月1度のレビューセッションを実施することで、避難訓練のようにお互いの状況を共有し合い、改善事項を議論します。



NPO法人Gawainについて


“End rape in slum”をミッションに掲げる日本発の国際NGOです。スラム街に蔓延る性暴力、特にレイプ犯罪を予防する世界初のメソッド開発を行っています。レイプは最も暗数が多い犯罪の一つであり、正確な統計データでさえ不明です。Gawainの注力拠点であるインドでは、2020年の1年間に28,046人の女性がレイプ被害にあっており、これは毎日約80人がレイプされているという計算になります(NCRB参照)。

Gawainは、現地NGOに委託することなくインド人女性を直接雇用し、各スラム街に住む女性や子供と良好な関係を構築することでCommunity-basedなメソッド開発/改善を続けております。また、安全にプロジェクトを遂行するために現地警察とアライアンスを締結し、正確なインパクト評価を徹底するために大学機関と共同研究を実施するなど、多様なステークホルダーと協力してプロジェクトを進めております。今後も性別やカースト、貧富の差に関わらず、誰もが安心して暮らせる"生活インフラ"の構築に挑み続けます。

公式ウェブサイト:https://www.sirgawain.org/




閲覧数:95回0件のコメント

Comments


bottom of page