top of page
検索
  • masakookano

Gawainは、レイプ防止対策プロジェクトを完遂するためにクラウドファンディングを立ち上げました

更新日:2023年11月18日

2022.7.21 東京


スラム街に蔓延る女性へのレイプを撲滅するメソッド開発を行うNPO法人Gawain(所在地:東京都渋谷区 / 代表:櫻井 昌佳 / 以下、Gawain)はGawainは現在進行しているレイプ防止対策プロジェクトを完遂するためにMilaapでクラウドファンディングを立ち上げたことをお知らせいたします。

レイプというこの凶悪な犯罪は今でも毎年何万人もの女性の未来を奪っていますが、この犯罪に対する有効な方法がありません。Gawainはこれまでにない革新的かつ実践的な方法で性犯罪の危険に晒されている女性たちを救い、彼女たちの意志を取り戻します。

インド全体でのレイプ犯罪は減少しているがスラム地域では増加している

インドでは2020 年に 28,046 人の女性がレイプの被害者となったとされています。これは毎日約 80 人の女性がレイプされていることを意味します。 NCRB(National Crime Records Bureau国家犯罪記録局)のレポートによると、レイプ犯罪の 99.1% は報告されず、真実はもっと悪いということです。 報告されたレイプの数は徐々に減少しているにもかかわらず、低カーストであるダリッドの女性のレイプの報告数は、2014 年から 2019 年にかけて 50% 増加しました。 これらの女性は、監視カメラや夜間照明、頑丈なドアロックなど、身を守るための物理的な手段がない危険な状況にさらされています。 デリー警察の報告によると、報告されたレイプ犯罪の 98% 以上が被害者の知人による犯行であり、そのほとんどが屋内で行われました。 スラムに住む女性と子どもの身体的および精神的な安全を守るために、室内でのレイプを防止および中断する方法を早急に開発する必要があります。


Gawainのレイプ防止方法のテーマは「団結して守り合う」

私たちがスラムの女性たちを守るために3年かけて開発したレイプ防止方法であるCSDメソッドは、デリーの一部スラムに設置されています。 CSDは「Community self-defense」の略で、「Band together-団結して守り合う-」をコンセプトに、パーソナルアラームを使って組織的に自己防衛する方法です。 これは、誰でも、どこでも、いつでも実装できるように、可能な限りシンプルで手頃な価格になるように設計されています。 CSD メソッドは、4 つの簡単なステップで構成されます。


1.配布:スラムに住む女性を集め、各家庭の母親に個人用アラームを配布。 使い方やアラームの音などを教え、アラームを聞いた人は必ず現場に駆けつけることを誓います。


2. 音: レイプ犯罪の最も一般的な場所は屋内です。 家の中の目立つ場所に置いてください。 危険を感じたらすぐに手に持って、緊急時に警報を鳴らしてください。 夜の外出時など、お母さんの判断で目覚ましを家の外に出すことができます。


3.団結:アラームを聞いた全員が現場に駆けつけます。 警報だけで犯人が逃げるのが理想ですが、念のため、これは犯罪を阻止するためです。 一体感があればあるほど、そこで犯罪を犯しにくくなり、犯罪が少なくなります。


4. 改善: 鳴らした人は何が起こったのかを共有し、全員がそれをどこに配置し、いつ鳴らすべきかについて話し合います。 最新情報を共有し、ベスト プラクティスについて話し合うために、毎月のレビューセッションも開催されます。


プロジェクトの費用として必要な費用は6,80,000 INR (必要な個人用アラームベルの合計: 1000 (個人用アラーム ベル 1 個の価格: 680 INR))

Gawainは現在、デリーの 3 つのスラム、ハヌマンキャンプ、パルバティヤキャンプ、ラヴィダスキャンプでレイプ防犯対策プロジェクトを進行中です。募金いただいた金額は使個人用の警報ベルを購入に使用し、デリーのスラム街の 1000 世帯に配布します。

この価格は市場価格であり、より安く購入できるようCSRの観点からメーカーと交渉を続けています。そして、このプロジェクトはメーカーに評価され、交渉も順調に進んでいます。


どんな貢献も非常に役立ちます。もしあなたが寄付できなくても、このクラウドファンディング募金活動へのリンクを寄付して、友人や家族と共有してください。そして私たちと共に、レイプ撲滅のための前進を続けましょう。








閲覧数:70回0件のコメント

Comments


bottom of page