top of page
検索
  • masakookano

コミュニティの団結を強めたミーシャの勇気のある行動

Gawainは女性の安全とエンパワーメントを使命としてインドのスラム地区で活動を続けています。私たちはスラムのような社会から疎外されたコミュニティで、コミュニティ・セルフ・ディフェンス(CSD)の方法を開発し、その効果を高めることを目指しています。過去のプロジェクトではCSDメソッドによって人生を一変した女性もいます。今回はその中から一人の素晴らしい女性の物語を紹介します。

爽やかな10月の朝、Gawainチームはスラム、クサンプール・パハディを訪れ、プロジェクトの受益者たちと交流し、フィードバックを求め、その影響を評価しました。そのような訪問の中で、チームは過去6年間このスラムを故郷としていた女性「ミーシャ」(プライバシー保護のため仮名)に出会いました。ミーシャは出産を機に仕事を辞め、この4年間は専業主婦で、アルコール依存症と闘う夫と暮らしていました。夫の暴飲暴食は金曜日から日曜日まで続くことが多く、激しい口論から暴力に発展することもあったそうです。しかし、ミーシャはこのような争いの間、家の内情を外部の人に伝えることに抵抗があり、助けを求めることができませんでした。


2023年2月、Gawainはクサンプール・パハディで性犯罪防止プログラム、CSDメソッドの介入を行うことにしました。キックオフ・セッションで、Gawainは参加者に防犯ベルを配りました。ミーシャにとって、これは待ち望んでいた希望の光明でした。この小さな装置は、ドメスティック・バイオレンスの魔の手から逃れるための彼女の命綱となると思ったのです。ミーシャや他の女性たちは毎月のセッションに参加し、意見を語り合うようになりました。そこでミーシャは自分の体験談を語ったのです。アルコールに煽られた夫が彼女に暴力をふるった悲惨な出来事があったとき、ミーシャは勇気を出して夫に警告を与え、そして防犯ベルを鳴らしたのです。


ミーシャが驚いたのは、地域住民の女性が何が起きたのかと尋ねてきたことです。ミーシャの行動がコミュニティのCSD方式への関心を引き寄せることになったことを彼女は知りました。彼女が思い描いていた安全はまだ遠い夢のように思えたが、現実に近づいている、とミーシャは思いました。そしてCSD方式は徐々に地域社会の意識強化とエンパワーメントの波紋を広げていくことになります。ミーシャは気弱な女性ではなかったし、発言することを恐れたこともありませんでした。しかし、彼女に欠けていたのは、窮状を訴えるためのプラットフォームであり、家庭内暴力の話を共有するチャンネルでした。Gawainチームが考案したCSD方式は、ミーシャをはじめとする多くのDV被害者に、恐怖と絶望の時代に必要な命綱を与えることになったのです。


9月の穏やかな日々が続く頃には、ミーシャは近所に住む女性たちと積極的に意見を交わすようになっていました。コミュニティでの話し合いは時には夕方に、また時には早朝に行われ、スラム街での月例セッションは活性化していきました。自分たちのCSD方式の役割について確認し、コミュニティで暴力と闘うために助けを必要としている人がいたら、すぐに駆けつけるという約束をしたのです。互いに力を合わせて支え合うと決めた「約束」は、CSDプロジェクトが提供するセーフティネットを強化するための重要な一歩となりました。


女性のエンパワーメントと行動変容は、単発的な出来事の結果ではなく、毎月のセッションを通じた継続的な介入によって育まれることを強調することが不可欠です。ミーシャの大胆不敵な勇気と揺るぎないコミットメントは、CSDメソッドのおかげで形となり、彼女のコミュニティの女性たちを団結させ、家庭内暴力やハラスメントについて開かれた議論を促進するのに役立つことになりました。彼女は、かつてはGawainチームだけが担っていた責任を担っています。ミーシャの体験談は、デリーのスラム地区でCSDメソッドを導入したGawainの目覚ましい成功の証なのです。CSDメソッドはミーシャのような女性にとって希望の光となり、DVの連鎖から抜け出し、DVに反対する声を上げるためのツールと勇気を与えたのです。月1回のセッションという形での支援とコミュニティとの関わりを通して、真の変化とエンパワーメントが育まれたのです。

女性のエンパワーメントに対するGawainの草の根の取り組みが社会から疎外された人々の生活にいかに大きな影響を与える可能性があるかを示す、説得力のある実例と言えるでしょう。

CSDメソッドは、スラム地域の安全な状況を再構築し、ドメスティック・バイオレンスやその他の形態のハラスメントの束縛から解放されるために不可欠な力とサポートを女性に提供することが期待されています。レイプを防止し、女性に対するドメスティック・バイオレンス犯罪を抑制する可能性を秘めたCSDメソッドを継続的に成功させるためには、女性たちが団結することが不可欠です。

ミーシャの物語は、逆境に直面しても、勇気と決意が適切な手段や支援と結びつけば勝利できるということを痛切に思い起こさせるものとなりました。

Gawainはこれからの性犯罪撲滅を目指し、活動を続けていきます。


閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page